【手軽に受けられる】ボトックスエラ施術の魅力を大公開

女性

注射を打つだけで小顔効果

女性

定期的な通院が必要

ボトックスをエラに注射することで、発達したエラの筋肉を麻痺させて筋肉を縮小させ、フェイスラインを引き締める美容法があります。エラ部分の筋肉は食べ物を咀嚼する時に使うので、体質によっては大きく発達し、顔が大きく見える場合があります。その場合、筋肉の動きを止めることでエラの張りを減らし、細い顎を作ることで顔全体を小さく見せることが出来ます。これがボトックスによる小顔治療です。筋肉ではなく骨格の構造が大きい場合は別の術式を用いる必要がありますので、まずは担当医師の診断とアドバイスが大切。1回の注射でボトックスの効果が大きく出る場合もあるので、最初は様子を見ながら注射量を調整するのが望ましいでしょう。また、ボトックスの効果は永続的なものではなく、徐々に効果が薄くなるものです。得た効果を持続させるためには、定期的に通院して注射を打つ必要がありますので、そこは事前に理解しておきましょう。基本的にはダウンタイムもなく、すぐにメイクも可能なほど患者の負担は軽いものです。注射針も専用の極細針なので、痕が残るようなものではありませんが、注射した直後は多少赤みが出る場合もあります。すぐに消えますのでまったく心配はありませんが、気になるようであればマスクなどを用意しておくと良いでしょう。難しい施術ではありませんが、治療を受けるなら症例数の多い熟練の担当医師に診てもらうのが一番なのは言うまでもないことです。不明なことや不安なことがあれば、事前のカウンセリングでなんでもしっかり聞いておきましょう。信頼出来る担当医師であれば、患者にもわかりやすく丁寧に説明を行ってくれますし、要望もきちんと聞いてくれます。腕の良い医師は、どこにどれくらいボトックスを入れれば効果的か診断出来ますし、骨格の状況から予想される結果も導き出してくれます。定期的に通うことになる術式ですし、この担当医師ならなんでも話せて信頼出来るというクリニックで治療を受けるのが一番ですね。どういった仕組みで顔のラインが変わるのか、自分の顔がなぜ大きく見えるのか、原因からきちんと説明してくれるのが良い医師です。特に脂肪や筋肉の比率は一人ひとり異なりますし、自分に合う治療がどのようなものかは理解しておきたいですね。また、ボトックス注射は1回でも効果が得られますが、実感が出始めるのは治療から約1ヶ月頃が目安です。打ってすぐに顔に変化が現れないからといって不安になる必要はありませんので、こまめにチェックしてみましょう。